忍者ブログ
ゲームの記事よりも、最近は単なる日記になってます。
[15]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いつの時代にもある、出会いと別れ。

20071128b.jpgドラクエ4では、たくさん
の仲間と出会うわけで
すが、良い別れもあれ
ば、悲しき別れもあります。




4章、序盤に仲間になってくれた、オーリンとの悲しき別れ。 こういう別れは辛いです・・・・・

 

 

4章でしか、出現しないモンスターがおり、モンスター
図鑑を完成させるには、かならず、一度は出会って
おかないといけないようで、「つかいま」と「いしにんぎょう」を探します。

いしにんぎょう は、洞窟で比較的すぐ遭遇します
が、いがいと、つかいま が現れなくて、へんに
時間かかっちゃいました。
20071128a.jpg
やっと遭遇したと
思ったら、

こんなにいらんやろ・・・・





あ、銀のタロット、結局使ってないや。 また、5章で試してみよぉっと。



ブログランキングに参加してます。ブログ運営の励みに
なりますので、
よかったら、クリックをお願い致します。



拍手[0回]

PR
COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
pass
secret
オーリン・・・(T_T)
voiさんこんにちは♪
オーリンとの別れは辛いですよね・・・(T_T)
まだDQⅣ買えてないんですが小説を読んだ事があるので、ストーリーはだいたい知ってるのです☆☆

4章でしか出現しないモンスターがいるんですかぁ・・・。そういうトコで遭遇するのを忘れるのが僕です・・・(TT)

ってもう5章ですか!!
5章も辛い事件があるんですよね・・・(TT)
今日泣きすぎでした^^;
うーし URL 2007/11/29(Thu)16:04:56 編集
Re:オーリン・・・(T_T)
悲しい別れは辛いですよね。

4章だけのモンスター、忘れないように(笑


そう、5章までは、なんだかテンポよくいけましたが、
5章が結構長そうですね。
voi 2007/12/01 13:14
こんにちは
voiさん
こんにちは~
相互リンク張りました
宜しくお願いしますね
ぷくぷく URL 2007/11/30(Fri)17:44:33 編集
Re:こんにちは
こんちわ~

相互リンクの件、ありがとうございます。
今後ともよろしくです。
voi 2007/12/01 13:15
たしか
お久しぶりです。 たしかオーリンは、生きています。ヒントは、偽者の姫がいたところ(2章で) たぶんこれでいいと思います。 
クスクス 2008/01/12(Sat)08:45:15 編集
Re:たしか
おひさしぶりで~す。

おお! なんと、オーリン、生きてるんですか! 貴重な情報、ありがとうございます。そういえば、ドラクエネタ、止まったまんまなので、週明けぐらいから、ぼちぼち再開します(笑
voi 2008/01/12 10:57
TRACKBACK
TrackbackURL:
PREV ←  HOME  → NEXT
twitter ただいまのあれこれ
プロフィール
はんなり しといやすなぁ

管理人 voi

タイトルの 「はんなり」とは、京ことば で、華やか、明るい、上品な、と言う意味です。

京ことばでは、数少ない褒め言葉のひとつで、おもに女性に対して使うことが多いです。

ミスマッチなブログタイトルですが、おつきあいの程、よろしゅう、おたのもうします。



管理人のその他のブログ
きさんじ旅芸人道中記
DQMJはんなり攻略日記
ドラクエ3 ひとり旅


管理人がアップしている
YouTube動画


管理人が作った検定





四季の素材 十五夜さんより、
素材をお借りしております

SEO関連 その他


track feed


クリックありがとうございます

にほんブログ村 ゲームブログ 携帯用ゲーム機へ
クリックありがとうございます
クリックありがとうございます
クリックありがとうございます
クリックありがとうございます






カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30



最新コメント&トラックバック

Copyright (C) 2017 はんなりDS All Rights Reserved.
Photo by (c)Tomo.Yun TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]