忍者ブログ
ゲームの記事よりも、最近は単なる日記になってます。
[164]  [163]  [162]  [161]  [160]  [159]  [158]  [157]  [156]  [155]  [154
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ザ・タワーDS 特典
「お父さんのための
ゲーム企画講座その1
着想編」付き
メーカー公式サイト

発売日 2008年06月26日

最安値検索での購入はコチラ
→ Amazon
→ 楽天市場
→ Yahoo!ショッピング




まぁ意外とあっさり終わった「麻芝ショッピングシ
ティ」でしたが、次は、いよいよラストの「湾岸国
際センタービル」となりました。
攻略ってほどではないんですが・・・・



まず、土地選びですが、2カ所から選択のようです。

以前のシナリオでも、同じように土地が選択できて、
場所により、難易度や条件が変わるとかだったらお
もしろかったんですけどね。

まぁ、どっちがどう良いのかわかりませんが、マリ
オタワーのそばにしときます。
こっちは、ロビーが3階吹き抜けで、見た目良くて、
住人のストレス緩和にもなるようですが、維持費
がすごく高いので、要注意です。

もう1個のほうは、普通の1Fロビーで、少しでも
多く、テナントを入れられるし、経費も少なくて済
むので、楽かも知れませんね。


高さ:地上57F 地下B6
目標:2000人の利用客 かつ 41F以上に
大聖堂設置し、結婚式を挙げること


まずは200人で一つ星になることを目標に。
その後ホテルが作れるようになるとのこと。

とりあえず、始めると、3F吹き抜けロビーで、
4F以上からのテナント設置になります。

地上はとりあえず、オフィスで埋めようかと
おもいます。

とりあえず、最初の資金で、地下B4に
清掃室、B5に警備室を右端に設置しますが、
操作中に運悪くではないですが、遺跡発掘が
出ると、3日間何も出来なくなり、清掃室が作
れないと、ゴキブリが発生してしまいますので、
セコい話ですが、やり直すか、あきらめます。

徐々にオフィスの入居が増えてくると、エレベ
ーターが混雑してくるので、カゴを1個増やします。

そうこうしてると、一つ星になります。
二つ星へは、800人とのこと。

従業員用エレベーターが出てくるので、早々に
設置しておきましょう。
また、エスカレーターも設置して、エレベーター
の混雑を緩和します。

さいわい、トイレの上に階段を設定してましたの
で、その流れで、エスカレーターが設置できます。

スカイロビーは、12F、22F、32F、42F、52F
の設置のみ。
とりあえず、12Fに設置して、標準エレベーター
とですが、階段の乗り継ぎが出来るようにして、
エスカレーターも設置していれば、事実上、
エレベータはどこも停止させなくて済むようにな
ります(笑

ここでまた、マリオタワーの依頼がありました。
こんどは、60秒で100人とのこと。
今度の報奨金は6000万円+アルファなので、
やりがいがあります。

これを元手に、左右にオフィスを拡張します。

まず、右側を拡張して、従業員用エレベーターを
速やかに設置し、警備員室や清掃室を拡張します。

右端の拡張されたところにオフィスを敷き詰め、
今度は、左端を伸ばして同じようにしますが、
地下B1のファーストフードを左端にずらしましょう。

地下B1の右端に駐車場を作り、パーキングは
3個ぐらいで。VIPが来るまでいいかな? と思
ってましたが、やたらと要望がうるさく、ストレス
が増えるらしいので、早々に作っておき、ついで
に要望の多い、レストランも、地下B2に設置。

地道に収入を得て、11Fまで、オフィスで埋め
尽くします。

その後、数時間、放置して(リアルでご飯食べたり
お風呂は行ったりして)、お金を稼ぎます。

このときに、家賃を120万まで値上げします。
環境が悪くなければ、真っ赤でも、退去せずに、
辛抱して、入居を続けてくれます。
これだけで、収入が大夫変わります。

さて、12Fがスカイロビーになるので、13F以上を
ホテルにする予定です。

ちょっと王道ふうなやり方として、13Fにファース
トフード、14Fにレストランを敷き詰めて、15F
以上は、ツインルームを敷き詰めます。

13F、14Fにファーストフード等を3件入れて、
トイレと自販機、サウナも置いておきます。

移動手段は、もちろん、16Fまで、階段とエスカ
レーターを使ってもらいます。

18F~21Fも22Fのスカイロビーから階段とエス
カレーターで移動してもらいます。

17Fだけ、下からも上からも、エスカレーターで
届かないので、ココだけ、エレベータの停止階に
してあげましょう(笑

現在、通常エレベーターが1基のみで、地上1F
から22Fまでギリギリ伸ばすことが出来ます。
カゴも最大の4個まで増やしておきましょう。

23F以上も同じように、していこうかと思います。

そうこうしてるうちに、二つ星になります。
店舗や医療室の設置が可能となります。

次の三つ星への条件は、2000人 とのこと。
まぁ、ショップを敷き詰めれば、いけるでしょう。
と、おもったら、20個しか設置できないんですね。
と言うことはやっぱりオフィスか?

33F以上をまたオフィスにしようかとも思います。
映画館が1個なので、なるべく上層階に置いて、
そこへ集客させるつもりで、まわりにショップを
おいて誘導できたらと思ったりもします。

そろそろ、大型エレベーターを設置しますが、
地下鉄からの連絡用のB5と、1Fと、33Fに
止める予定。
ついでに、地下鉄も左端に設置しましょう。

医療室をB3の左端とかに設置。
過去のプラットフォームでは、2Fとかに1個置
いてるだけで十分だったんですが、GBA版の
タワーSPでは、各ロビーに置いた方が良かっ
たような気も・・・・ 今回はどうかな?

大型エレベーターで32Fまで昇った客は、
28F~31Fまでまた階段とエスカレーターで
移動してもらい、27Fは、また上からも下から
も届かない、デッドゾーンなので、今回は少々
放ったらかしにしておきますが、サウナと自販
機をおいて、上と下から、階段でピアトゥピア
接続すれば、少しは利用してもらえるかな?
と思ったりも。

33Fから41Fまで、再度オフィスを敷き詰め
ようかと思います。
50F~51Fの右端に映画館を設置して、
まわりにショップを置こうかと思います。

ここで、新設のオフィスに、全然入居しない
と思ってたら、値上げが原因だったようで、
いったん、標準の80万に戻しますが、それ
でもまだ入らないので、50万にします。

すると、じわじわ入居があるんですが、
このDS版は、休日でも入居してくるんですね。

で、すべて入居が確認できたら、速攻値上げ(笑

  住人からするとマジかよぉって感じですよね。

ここで、大室社長から視察にきましたが、
さっぱりダメでした(笑

で、いろいろ設置して、2000人突破で三つ星になり、
大聖堂が建てられるようになるので、52F右端に
設置して、様子を見てると、休日に見事に結婚式を
挙げてくれました。

じつは、結婚したのは・・・・・・ ってのが、今回
ちょっとしたストーリー的な感じでしたね。

今回、大型エレベーター1基と、通常エレベーター
1基のみでのクリアで、大夫お金稼ぎに時間をか
けたというか、放ったらかしにしてたので、少々評
価が低かったです。

このあと、フリーモードというので、好きな土地で
遊べます。

もう1個のセンタービルをやってみようかと思います。











 ランキングに参加してます。
 応援よろしゅうおたのもうします。

  おおきに
ほんま、おおきに



拍手[3回]

PR
COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
pass
secret
TRACKBACK
TrackbackURL:
PREV ←  HOME  → NEXT
twitter ただいまのあれこれ
プロフィール
はんなり しといやすなぁ

管理人 voi

タイトルの 「はんなり」とは、京ことば で、華やか、明るい、上品な、と言う意味です。

京ことばでは、数少ない褒め言葉のひとつで、おもに女性に対して使うことが多いです。

ミスマッチなブログタイトルですが、おつきあいの程、よろしゅう、おたのもうします。



管理人のその他のブログ
きさんじ旅芸人道中記
DQMJはんなり攻略日記
ドラクエ3 ひとり旅


管理人がアップしている
YouTube動画


管理人が作った検定





四季の素材 十五夜さんより、
素材をお借りしております

SEO関連 その他


track feed


クリックありがとうございます

にほんブログ村 ゲームブログ 携帯用ゲーム機へ
クリックありがとうございます
クリックありがとうございます
クリックありがとうございます
クリックありがとうございます






カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30



最新コメント&トラックバック

Copyright (C) 2017 はんなりDS All Rights Reserved.
Photo by (c)Tomo.Yun TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]